『処女作』にして時代の『ターニングポイント作』

IMG_0420.JPG
今月9月3日放送、ラジオ「RKKラジてん文化局」で、「SF担当_蔦屋書店嘉島」さん、のおススメで、「伊藤計劃」先生の「虐殺器官」を取り上げていたので、興味を持ち、購入!読みました…。
第一部、「SOPMOD 」はM4系?「HK416」か「SIG MCX」か?弾薬は「.223Rem」か「.300Blakout」か?などが気になってしまいますが(カバー「表紙絵」では、全く違うよう?ですね…「ホロサイト」と「フォアグリップ」は、今風?かちょっと古風?か)「50口径」は「50口径」、「AK」は「AK」のまま…。納得、です。このような「略語」が「適切」で、「時代性」と「普遍性」を両立している、と思います。
第二部、「舞台」の背景の説明と「ヨーロッパ」に舞台を移し、「カフカ」の伏線、「言語に対するこだわり」と「器官」が対話に上る。
第三部、「繰り返される悪夢」と「自由の酒場?」、「真打」登場!で哲学的対話と活劇が続く…。
第四部、舞台は、「インド」へ。あらたに「舞台」の背景の詳細がわかり、「活劇」中心の「部」。「近未来SF」の「現代」との地続き、でありながら、「SF的テクノロジー」の進化、により、「戦慄」の戦闘描写。やはり「SF的、哲学的」対話も…。
第五部、そしてエピローグ。舞台は、「アフリカ」で「核心」に迫る「対話」と「戦闘」の非情さ…。そして、衝撃、の「ラスト」。「SF的」でありつつ「リアル」感あふれる「近未来SFテクノロジー」にやはり「戦慄」。そして正反対なはずなのに、漂う「穏やかさ」。
最後に平成の「怪物」作、「ターニングポイント」作、とおススメ!していただいた「SF部長」殿(「SF担当_蔦屋書店嘉島」さん)と、この作品を世に出していただいた「早川書房」の担当者様、の御慧眼、と天国にいらっしゃる「伊藤計劃」先生に感謝して終わりたいと思います…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント